中海自然再生協議会

「豊かな漁場・遊べるきれいな中海」をめざし、自然再生推進法に基づいた自然再生協議会のWebサイトです。

枕木山から望む中海

中海及び協議会について

中海自然再生協議会について

経緯

  1. (1)島根県と鳥取県の4市1町にまたがる中海地区は、かつては、広大なアマモ場があり、サルボウ貝(赤貝)に代表される豊富な魚介類の生産の場であった。しかし、高度経済成長期に実施された中海干拓・淡水化事業などの大型開発行為により、水質の悪化やアマモ場の消滅、水産資源の減少などが進み、かつての豊潤な自然環境が大きく損なわれている。
  2. (2)平成17年3月には、自然再生協議会の設立のための情報の収集、米子湾の現況や過去の状況把握と自然再生のイメージづくりなどを目的として、民間団体の呼びかけにより「米子湾の自然再生に向けた勉強会」が開始され、平成18年3月までの間、合計12回にわたり勉強会が開催された。
  3. (3)平成18年8月には、民間団体「自然再生センター」の呼びかけにより「中海自然再生協議会設立準備会」が設立され、自然再生協議会設立に向けた手続き、地方公共団体、関係行政機関の参加の可能性、自然再生協議会の規約案などについて合計6回にわたり検討された。
  4. (4)平成19年6月に自然再生推進法に基づく「中海自然再生協議会」を設立。「豊かな漁場・遊べるきれいな中海」をめざして、
    1. 1)住民参画型地域作り
    2. 2)環境教育の推進
    3. 3)ラムサール条約に基づく水鳥との共存
    4. 4)アマモ場の再生と赤貝(サルボウ)の復活
    5. 5)水質浄化と底質改善による汽水域生態系保全
    の5つを推進の柱に、浚渫汚泥処分場の有効利用、上水源である飯梨川の保全と流域住民の生活・漁業・産業の振興、米子湾の水質改善、浅場での水生植物・二枚貝等の再生などの具体目標について検討する予定。

協議会の対象地域

中海および中海直接流入河川

  • 上流:大橋川河口に位置する中海大橋
  • 下流:境水道大橋
自然再生の対象となる中海の地図 中海の干拓前後の地図

協議会会長メッセージ

会長就任の挨拶

会長 國井秀伸

 中海自然再生協議会の第6期会長に選ばれた國井です。平成19年6月に発足した協議会は第5期を終えて10年が経過しました。協議会会長の選出については、第5期までは各期第1回目の協議会当日に会長候補を募り、候補者のない場合に事務局案を提案し承認を得るという形をとってきました。しかし、第5期の協議会で、次期の会長選出については、会長候補を自薦・他薦を問わず事前に募ることとしたことから、今回、自薦して会長に選ばれた次第です。推薦書(第1回第6期協議会で資料として配布)には活動歴と今後の抱負を述べることになっていましたので、少し長文になりますが、以下にこれらを引用し、自己紹介したいと思います。

 中海自然再生協議会におけるこれまでの活動歴:2007年6月の第1期第1回中海自然再生協議会から専門委員として協議会に参加し,全体構想検討専門部会長として中海自然再生全体構想の策定に大きく関わった.2008年11月に全体構想がまとめられた後,自然再生推進法に則った中海自然再生事業実施計画を策定するにあたり,第2期の協議会では協議会の専門家会議の議長として提案された実施計画の素案を絞り込む作業を担当し,第3期の協議会においては第1期の事業実施計画をまとめる役割を果たした.再生事業が本格的に開始された2012年4月から本年3月までの5年間は,協議会の事務局長としてアドバイザー委員会を主導し,協議会開催時の講演会の講師依頼を行うなど,協議会の運営に寄与した.
 今後の抱負:中海自然再生協議会は現在,その財務と役務を中海の自然再生事業の発意者であるNPO法人自然再生センターに依存して今日に至っているが,熊谷会長の発案により,財務と役務をいずれは自前で賄う体制にするという道筋が示された.これまでの経緯から,当面はこれまで同様自然再生センターに事務局機能を担ってもらうことになろうが,1年乃至2年以内には,自然再生センターと相利的な関係を構築しつつ,財務と役務を自前で賄える体制にしたいと考えている.そのため,先ずは中海自然再生協議会同様NPOが事務局を務めている他協議会(久保川イーハトーブなど)の情報を収集し,将来の方向性を決めたい.なお,自薦者は現在,自然再生センターの協議会担当理事として協議会との連携を図る立場にあることから,センターとの相利的な関係を構築するに適していると考えている.
 協議会では現在,第1期事業実施計画に引き続く第2期事業実施計画の最終案が作成されているところである.当面は第2期事業実施計画の最終案をまとめ,環境省と協議し,今年度中の専門家会議における実施計画の諮問に傾注したい.

 第1期事業実施計画を終え、いよいよ第2期の計画が進められます。中海自然再生全体構想の序に書かれている「中海の自然再生は、単に自然そのものの再生ではなく、自然と人間との共生・共栄が可能な環境の再生をめざす、新たな試みでもあるのです」という言葉をかみしめつつ、新たな気持ちで自然再生に取り組んでいきましょう。

中海自然再生全体構想の概要

中海自然再生全体構想

1.自然再生の対象となる地域

本事業の対象区域は、境水道を含む中海本体(86.8km²)と大橋川を除く中海に直接流入する河川の全集水域(395km²)

2.自然再生の目標

昭和20年代後半から30年代前半の「豊かで遊べるきれいな中海」であり、豊かな汽水湖の環境と生態系、そして心に潤いをもたらすきれいな自然を取り戻し、かつての中海の自然環境や資源循環の再構築を目指す。
そのため、「よみがえれ、豊かで遊べるきれいな中海」を合言葉に、以下の5つの推進の柱(大きな目標)を設定し、事業を推進する。

中海自然再生全体目標
「よみがえれ、豊かで遊べるきれいな中海」を合言葉に、豊かな汽水湖の環境と生態系、そして心に潤いをもたらすきれいな自然を取り戻し、かつての中海の自然環境や資源循環を再構築する。

5つの推進の柱(大きな目標)

  1. 1) 水辺の保全・再生と汽水域生態系の保全
  2. 2) 水質と底質の改善による環境再生
  3. 3) 水鳥との共存とワイズユース
  4. 4) 将来を担う子ども達と進める環境学習の推進
  5. 5) 循環型社会の構築

3.中海自然再生協議会の構成員

個人(専門家を含む):50人
団体:9
関係地方公共団体:16人
関係行政機関:7人
(合計:82名、平成24年4月現在)

資料

PDFアイコン中海自然再生全体構想(作成)

PDFアイコン中海自然再生全体構想[英語版](作成)

中海自然再生実施計画の概要

中海自然再生実施計画

1.実施主体

実施者:認定NPO法人 自然再生センター、ほか

協議会:中海自然再生協議会

2.自然再生事業の対象となる区域

対象となる区域は、平成24年度から5年間程度の第1期実施計画として自然再生を行う4つの取組みごとに、次のような区域とする。

  1. (1) アマモ場の保全・再生事業

    境港市の外江及びその周辺地域のアマモ場の保全区域

  2. (2) 海藻類の回収及びその利用事業

    江島及び境水道に近い本庄水域と、北部承水路及び弓ヶ浜承水路を中心とした中海北部の沿岸域

  3. (3) 砂浜の保全・再生事業

    中海の南東部で、米子市の粟島神社と彦名干拓地から安来市の八尋鼻を結ぶ線より東側の米子湾

  4. (4) 浚渫窪地の環境修復事業

    中海南東部の細井沖浚渫窪地及び錦海団地沖浚渫窪地

3.自然再生事業の実施内容

  1. (1) アマモ場の保全・再生事業

    外江で採取したアマモ種子を用いて、適地選定を行った後に、すでに考案されている植栽法などにより、アマモ場の面積拡大を図る。

  2. (2) 海藻類の回収及びその利用事業

    海藻の分布状況を調査し、枯死・腐敗する前に逐次回収し、飼料や食料と言った肥料以外の回収海藻の適正な利用法を確立する。

  3. (3) 砂浜の保全・再生事業

    砂浜の再生場所及び利用方法について、地域住民を中心に意見集約を行う。また、水辺の景観の再生・創出についても意見集約を行い、その具現化に向けて構想を練る。

  4. (4) 浚渫窪地の環境修復事業

    小規模の覆砂を実施し、効果の検証実験を行うとともに、モニタリングにより覆砂の環境修復効果を検証する。

資料

PDFアイコン中海自然再生事業実施計画(第1期)(作成)

PDFアイコン中海自然再生実施計画 ポスター資料(PDF形式)

ページトップへ